下半身痩せがバストアップにも効果的である理由

下半身痩せがバストアップにも効果的である理由

自宅でバストアップを成功させるためには女性ホルモンが大切なポイントになります。ではなぜバストアップには女性ホルモンが大切なのでしょうか?それは女性ホルモンの働きの1つに「脂肪を蓄積させる」というのがあるからです。詳しく説明するともう少しメカニズムは複雑ですが、バストで女性ホルモンが活発に働くことでバストに脂肪が集まるということです。

 

もう少し女性ホルモンについて解説します。まず「女性ホルモンを分泌せよ!」という指令を出しているのは、脳の視床下部というところです。なお、ストレスがバストアップに良くないと言われる理由の1つは、この視床下部の活動を邪魔してしまうからですね。そして、視床下部の命令を受けて女性ホルモンを分泌するのは、主に骨盤内にある卵巣です。そして、卵巣で分泌された女性ホルモンは、血液によって全身に運ばれます。

 

もしここで全身の血液の流れが悪かったらどうなるでしょうか?卵巣で分泌された女性ホルモンが腰回りやお尻・太もも付近に停滞してしまいます。そうすると、女性ホルモンには脂肪を蓄積させる働きがあるため、腰回りやお尻・太ももに脂肪が付いてしまうのです。男性に比べて女性のほうが下半身太りを引き起こしやすいのは、こうしたメカニズムがあるんですね。

 

ただ逆に言えば、全身の血液の流れをスムーズにすれば、下半身がキュッと引き締まり、同時にバストアップにも効果的だということです。上半身にも血液がスムーズに流れることで、バスト周辺で女性ホルモンが活動します。自然に胸に脂肪が集まり、ふわっとした女性らしいバストになっていきます。

 

全身の血液の流れをスムーズにする方法はいくつかありますが、バストアップのために行うのであればマッサージやエクササイズがおすすめです。マッサージでは手で直接血液の流れをスムーズにできます。また、エクササイズでは血液の流れをよくするだけでなく、バストアップに必要な筋肉も鍛えることができます。バストアップというと上半身を意識しがちですが、下半身にも目を向けるようにすると成功しやすいかもしれませんね。

下半身痩せがバストアップにも効果的である理由関連ページ

ふくらはぎとバストアップの関係
ふくらはぎとバストアップの関係について解説します。ふくらはぎをマッサージすることは脚痩せだけでなく、バストアップにも効果があります。