本当にバストアップにいいの?矯正下着のデメリット

本当にバストアップにいいの?矯正下着のデメリット

バストアップ用のものも多く販売されている矯正下着、締め付けられるのはちょっと苦しいですが、理想的なボディラインを作れるのがメリットです。私は使ったことがないのですが、販売会社の広告などを読むと、締まるところは締まり、出るところは出たメリハリのある身体に近づけるそうです。矯正下着でお腹やわきの下あたりの脂肪を胸に移動することで、バストアップにもつながるんだとか。

 

ただそんなに簡単に脂肪は移動しません。よく「脂肪」という言葉が使われますが、正確には「脂肪細胞」と呼ばれる細胞です。細胞は毛細血管などにしっかりとくっついているため、基本的に移動しません。それは脂肪細胞も同じことです。

 

ですから、矯正下着で無理矢理バストに脂肪を移動させたとしても、それを外すと元通りになってしまうのです。さらに矯正下着は締め付けが強いので、血管やリンパ管を圧迫してしまいます。これだと新鮮な酸素や栄養を細胞に送れなくなってしまいますし、老廃物や毒素を体にため込む原因にもなってしまいます。

 

「お値段が高いので何となく効果がありそう…」と思いがちですが、正直バストアップにはおすすめできません。矯正下着を着けているときはボディラインが美しく見えるので、1度遣いだすとやめれなくなってしまうのもデメリットだと思います。

 

やはりマッサージやエクササイズなどで自然に美しく見えるボディラインを目指すのが1番だと思います。バストアップラボなどのマッサージやストレッチでも、少しずつ確実にバストアップはできます。まずは道具に頼らず、そういった方法にチャレンジするのが良いと思います。

 

【バストアップラボのレビュー】を読む

本当にバストアップにいいの?矯正下着のデメリット関連ページ

バストアップのためにブラを着ける意味とは?
バストアップのためにブラを着ける意味について解説します。
流行のナイトブラにバストアップ効果はあるの?
最近はナイトブラが流行しています。ナイトブラにバストアップ効果はあるのでしょうか?
寝るときにブラジャーをしているとバストアップできない?
「寝るときにブラジャーをしているとバストアップできない?」と心配している方もいるかもしれません。バストアップしたい人は夜寝るときにブラジャーを着けたほうがいいのか?それとも着けないほうがいいのか?
下半身の矯正下着がバストアップには悪影響だった!?
あなたは下半身太りが気になるからといって、ガードルなどの矯正下着を着けていませんか?下半身の矯正下着がバストアップに悪影響を与えている可能性があります…。下半身の矯正下着のデメリットをお伝えします。