日常生活で運動量を増やしてバストアップしよう!

日常生活で運動量を増やしてバストアップしよう!

あなたは日常生活の中でどのくらい運動をしているでしょうか?バストアップのためのエクササイズやトレーニングに限らず、自宅で胸を大きくするためには適度に運動をすることが大切です。ここでは日常生活で運動量を増やしてバストアップするためのちょっとした工夫をお伝えします。

 

そもそもなぜバストアップのためには適度な運動が必要なのでしょうか?理由は次の3つです。

 

1.バストの土台となる大胸筋を鍛えるため
2.全身の血流をスムーズにして、バストに酸素や栄養を送り届けるため
3.体温をアップして、卵巣が女性ホルモンを分泌しやすくするため

 

バストの土台となる大胸筋を鍛えるためには、専用のエクササイズやトレーニングが必要になります。拝み体操や腕立て伏せなどが代表的ですね。でも全身の血流をスムーズにしたり、体温をアップさせるためには、この運動じゃなければいけないというものはありません。日常生活の中で運動量を増やしていきましょう。

 

例えば、通勤・通学で駅などを利用するとき、エスカレーターを使わずに階段を利用しましょう。階段を使うと、下半身の様々な筋肉が使われます。ただ歩くだけよりもけっこういい運動なんですね。また、ちょっと近くのコンビニやスーパーなどに買い物に行くときは、自転車や車を利用せずに歩くようにする。こういうところでも運動量は増やせます。

 

こういう工夫で運動量をアップして、バストアップしやすい体質に近づけていきましょう。適度に運動をするとバストアップにいいだけでなく、体調が良くなるのも実感できるハズです。お金もかからない簡単な方法なので、ぜひ意識して取り組んでみてくださいね。

日常生活で運動量を増やしてバストアップしよう!関連ページ

大きなバストを育てるには大胸筋という土台が必要
自宅でバストアップしたいのであれば、大胸筋を鍛えましょう。しっかりとした土台がなければ、大きなバストは育ちません。
自宅でバストアップするために腕立て伏せをしよう!
腕立て伏せがバストアップに効果的だと言われる理由を解説します。自宅でバストアップしたい方は毎日腕立て伏せをしましょう。
運動がバストアップに欠かせない理由
運動がバストアップに欠かせない理由についてお伝えします。半身浴や食べ物だけでは胸が大きくならない理由でもあります。
筋トレをすると胸が小さくなるって本当なの?
「筋トレをすると胸が小さくなるって本当なの?」という疑問に回答します。