胸を垂れさせないためのマッサージのやり方

胸を垂れさせないためのマッサージのやり方

胸を垂れさないためのケア方法の1つとしてマッサージがあります。マッサージがどうして胸を垂れさないケアになるのかというと、2つ理由があります。

 

1つはバスト周辺の血液循環が良くなることで、バストに酸素や栄養が届きやすくなることです。お肌のハリや潤いもよくなるのでバストが垂れづらくなります。もう1つは正しい胸の位置を記憶させるという効果です。

 

サイズによって異なりますが、片方のバストでも400g〜1000gくらいあったりします。それが重力によって引っ張られるわけですから、何もしなければ垂れてきてしまうのは当たり前!特に年齢を重ねるにつれてバストケアは必須になってくると思います。

 

また、バストマッサージには種類があって、女性ホルモンの分泌を促すタイプのマッサージではサイズアップも見込めます。乳腺が発達することで、その周囲に脂肪が付きます。これも胸にハリが出るのが垂れの防止になるでしょう。

 

バストマッサージのやり方を紹介します。

 

@ボディクリームを両手で温めて、バスト全体に塗り広げる
Aバストの外側から内側に向かって円を描くようにして、胸をマッサージする。(バストのライン上をなでるような感じです。)
Bわきの下のリンパを流す

 

これを30回前後繰り返しましょう。力を入れすぎず優しく行うのがポイントです。ぜひつんと上向きのバストを手に入れてくださいね。

胸を垂れさせないためのマッサージのやり方関連ページ

バストサイズが左右非対称になる原因とは?
バストサイズが左右非対称になる原因について解説します。
「水着になると胸が小さいのが目立つ…」という人におすすめの水着は?
「水着になると胸が小さいのが目立ってしまう…」と悩んでいる方は多いですよね。そんな方におすすめの水着を紹介します。