妊娠中におすすめのバストアップ方法とは?

妊娠中におすすめのバストアップ方法とは?

妊娠するとカラダが赤ちゃんを育てるための準備を始めます。乳腺が発達し、ほぼ確実に胸も大きくなりますね。生理でちょっと胸が張る程度の変化ではありません。個人差はありますが、平均で2カップ〜3カップほど胸が大きくなるそうです。今まで1度も胸の張りを感じたことがなというような人には本当にうれしい変化だったりします。

 

ただ出産を終え、授乳が終わると、確実にバストは小さくしぼみ、元に戻っていきます…。それどころか、妊娠前よりも胸が小さくなってしまうケース、伸びきった皮膚のせいで一気に胸が垂れてしまうケースなどもあります。

 

ですから、妊娠中はバストアップというよりも、出産後・授乳後のことを考えてバストケアをしていくのが良いと思います。ただ元気な赤ちゃんを無事に出産することが1番大事!無理なバストケアは控えてくださいね。

 

妊娠中でも気軽に取り組めるバストアップエクササイズとしては、簡単なストレッチや拝みポーズなどがあります。また、肩甲骨ストレッチなども負担が少なく実践できます。妊娠中は運動不足なりがちなので、そういったものを解消する意味でも効果的です。血液やリンパ液の流れが良くなることで、バストにもいい影響が出ますね。

 

あとは皮膚のケアとしてクリームやジェルを使って保湿をしておけばいいかなぁと思います。妊娠中のバストの成長で伸びてしまった皮膚のダメージを最低限に抑えるのはよいケアですね。